TechCrunch Japanにて、弊社代表大野による連載「GIF文化史」の掲載が開始されました。

TechCrunch Japan
GIF文化史 第一回「1度死んだGIFが復活した理由」
https://jp.techcrunch.com/2019/03/08/kensuke-oono-gifmagazine-1/

 

1987年の誕生以来、30年を経て新たに 「次世代ビジュアル言語」 また 「芸術,エンタメコンテンツ」として復活したGIF。

本連載は「日本一のGIF好き」、GIFMAGAZINE代表の大野が、
ファイルフォーマットの次元を超え、新たなポップカルチャーに変化しつつある「GIF文化」についてデータや事例と共に全3回で考察をします。

第一回は「1度死んだGIFが復活した理由」と題し、世界では本当に「GIF」が流行っているのか? を定量的データや事例から考察。
また、GIFが復活する理由となる2011年以降のスマホ&SNSの爆発的普及について、さらに超短尺動画としての「GIF」の2つの役割について解説します。

 

是非ご覧ください!

本件またはGIFMAGAZINEのサービスに関しては、下記よりお問い合わせ・資料請求をお願いいたします。